私の貧血の症状は、動悸がします。

血液検査が健康診断の項目に入る大人になる以前から貧血だったと思うので体はすっかり貧血に慣れていて、それ以外の目立った症状はありませんが、神経を使って体調不良になったり、怪我をして予想外の出血があったりすると、目の前が暗くなって意識を失います。

すぐに気が付くのですが、周りの人を驚かせてしまうので、本当に申し訳ないなと思ってしまいます。

私の数値は平均して6~7です。

健康な女性の約半分の数値しかありません。

だから、会社の健康診断の後、病院から呼び出されることは当たり前にあります。

電話がかかってきた時点で貧血のことだろうなと察しはつくのですが、電話ではお伝えできないと言われるので仕方なく病院に行くことになります。そして伝えられるのが、やはりヘモグロビンの数値が低過ぎるということです。

「大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫です」
「フラフラしないですか?」
「はい、大丈夫です」

一通りのお決まりのやり取りをして、鉄剤を処方されて帰ります。でも、鉄剤は飲まずにゴミ箱行きです。
ごめんなさい、先生。

鉄剤が貧血改善に最良なのはよくわかっているのですが、服用するとムカムカと吐き気がします。

そして胃痛が起きます。私には合わないのです。

自分自身が貧血に慣れていて不都合を感じていないならのまなくてもいい、ずっとそう思っていました。

でも、夏場はやはり辛いですね。

汗によって鉄が体外に流れ出てしまうので、軽く出血しているようなものです。さすがにフラフラします。
かといって、ずっとクーラーをつけているわけにもいかず、外か鉄分を摂取しないといけません。

そこで私が飲んでいるのが、貧血改善のサプリ。

これで夏場を凌いでいます。サプリなので吐き気をもようさないので続けやすいのです。

気休め程度に飲んでいましたが、夏中飲んで、市の健康診断を受けに行くと、数値が1上がっていました。

おお、これはすごいと我ながら思いました。

微々たる数字ですが本当に効果があったことに驚きました。

今も続けています。

飲み忘れる時もありますが、それでも数値は維持できていると思います。何より手軽なのがいいですね。